新電力とは

新電力とは、電力自由化によって設立された新しい会社のことです。 すでに、工場など大口消費者には、電力の小売が自由化されていましたが、 一般家庭でも自由化され、それぞれのライフスタイルにあわせて 格安の会社やサービスを選んで契約できるようになりました。

これは、東日本大震災で原子力発電所が停止したことによる電力不足や電気料金の上昇などにより、自由化が加速したともいわれています。

新電力 比較 サイト

自由化により開放される市場規模は8兆円ともいわれ、さまざまな業種の企業が参入しています。 それを、調べて自分に合った、新電力サービスを選択するのは、それなりの労力が必要になっています。

そこで、比較サイトや参考書籍などが多数発刊されています。 そんななかで、わかりやすい比較サイトを見つけましたので一つ紹介します。

 ⇒ ⇒ ⇒ ここをクリック 新電力 一括.jp

新電力 電力自由化

自由化で創設された会社のサービスのメリットとしては、 電気料金が安くなるのは当然として、ポイントの付加やガゾリン代の割引、ケーブルテレビの割引など さまざまな特典が付いています。

しかし自由化は、メリットだけではなく、デメリットもあります。 ます、約800社もある企業にそれぞれのプランやサービスがありますので 大量の情報の中から自分にあったサービスを探し出すのが手間になります。

さらに自由化には、そのサービスを受けるためには、当然ながら申し込みの手続きが必要です。 また中には、地域限定のサービスもありますので、全ての地域で同じように割引が受けられるわけではありませんので そのあたりの注意も必要です。

新電力 動力

みなさんご存知のように、新電力に限らず、発電にはいろいろな方式があります。 水力、火力、原子力、地熱、風力、太陽光などなど、

それでは、それぞれの発電におけるコストは、どうなんでしょうか? 調べてみました。

総体的に1番コストが安いのが、原子力発電です。 安全面での問題がいろいろいわれますが、発電コストのついては優位ですね。 逆に意外と高コストなのが、太陽光発電になります。 これは、燃料費などは、ほぼ0ですが、初期の設備投資にお金がかかり過ぎます。

2番目に安いのが、石炭による火力発電です。 こちらは、何かと大気汚染の問題がいわれがちですが、最新の技術により有害物質の90%が除去できるまでになっています。

3番目は、水力発電ですね、川の多い日本にあった発電方法ですが、資金力の大きい会社でないと大規模な発電所は作れないですが、 最近では、用水路やビルの循環水などを利用した小規模な発電にも注目されています。 当然ながら大気汚染などの問題もありません。

新電力会社

電気代が安くなって、自由化の良さがクローズアップされていますが、 今後の問題点や危惧するポイントは?

まずは、販売代理店。一次代理店のみだと問題はないのですが、 これが、二時、三次、四次代理店まで増えてくる可能性がある。

三次、四次代理店にまでに、なってくると経営がきつく、突然倒産したりすると そこから契約していた人は、アフターサービスが受けれなくなったり、 せっかく貯めたポイントが使えなくなったりする場合があります。

さらに環境問題でも 火力発電所による自社発電を行う会社が増えてくることが懸念されそれによる環境の悪化が懸念されます。